美肌のために内側からの保湿

いくらいい化粧品を使っても素肌がきれいじゃないと最低の仕上がりにしかなりませんよね。

最近はスキンケアにできるだけ力を入れるようにしていますけど、昔はホントに酷かったです。

私は中学生の頃、にきびによく悩まされていました。

にきび改善の為に、色々とケアについて調べるようになりました。

そのときにちょうど流行っていたスクラブ洗顔で毎晩ごしごし洗っていましたが、自分のしていたケアは間違いだらけだったと気付かされたのです。

お肌のケアはとても手間のかかるもので、美肌のためにはその努力を惜しんではだめだと、言い聞かせてきました。

それからは、洗顔料は自分のお肌に合ったものを使用し、しっかり泡立てて優しく洗うようにしています。

どれだけ忙しくても、疲れていてもそれを怠ったことはありません。

洗顔後は化粧水を数回に分けてたっぷり使うようにしています。

高い化粧水でなくても大丈夫です。セラミド配合のものは保湿力も高いようです。

そのおかげで、にきびなど出来ないお肌を手に入れることができました。

ところが、30歳を目前に控え、またお肌について悩み事が出てきたのです。

それは乾燥でした。

しっかり保湿しているつもりなのに、乾燥するようになったのです。

これがいわゆる、年齢による肌の衰えなんだと感じました。

今までと同じようにケアしていては、だめなようです。若い頃のお肌とは違うのです。

現実は残酷ですが、美しくある為にはこれにも対応しなくてはなりません。

今までは、外側からのケアばかりでしたが、自分の生活習慣や食生活をしっかり見直すことにしました。

今では、化粧品などのケアに加え、お肌にいいとされている食品をできるだけ摂取するようにしています。

コラーゲン豊富な鶏肉の皮やセラミドが多く含まれている、こんにゃくや大豆、バナナです。

どれも簡単に手に入るうえに、食べやすい続けやすいものばかりなので、摂取しやすいです。

また寝不足にならないようにも心がけています。

これらのことで、肌のターンオーバーを促進しています。

あとは、腸に溜め込まないことと、水分をしっかり摂ることです。

喉が渇いていなくても、こまめに水分を補給しています。

これらのことを頑張って継続して、まだまだ年齢には負けたくないです。